Menu

分科会

分科会について

宇宙利用分科会

宇宙利用分科会は、宇宙技術(地球観測、通信、測位)の活用により、防災や環境問題をはじめとしたアジア太平洋地域に共通する課題の解決に資する議論を行っています。この分科会では、宇宙機関のみならず利用機関や開発援助機関、民間企業との連携強化をめざし、活発な地域協力の推進を目指しており、これまでの成果として、災害対応のためのセンチネルアジア(2005年~)、環境監視のための「SAFE」(2008年~)、気候変動分野のClimate R3(2011年~2014年)の3つのイニシアチブが立ち上がりました。

詳細を見る

宇宙技術分科会

宇宙技術分科会は、宇宙技術開発を目指す国のニーズに応え、旧通信衛星利用分科会から宇宙活動と利用を支える宇宙技術分野での情報交換と人材育成を行うことを目的に立ち上げられました。特に、アジア諸国にとって関心の高い宇宙技術に関すること、関連する人材育成や実証機会等の情報交換を通じ、アジア太平洋地域における宇宙開発利用の拡大を目指しています。

詳細を見る

宇宙環境利用分科会

宇宙環境利用分科会はAPRSAF-12で立ち上げられ、有人宇宙施設・国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟(ISS/Kibo)の特性を活かした宇宙環境利用の方法や枠組みについて、アジア諸国のニーズを共有し、宇宙利用に向けた議論を行っています。 「生命科学」、「宇宙医学」、「物質・物理科学」、「宇宙観測」、「地球観測」、「先端技術実証」などの分野における各国の新たな宇宙環境利用ミッションを創出し、アジア唯一のISS参加国である日本と協働する“ISS/Kiboアジア利用”の拡大を目的としています。

詳細を見る

宇宙教育分科会

宇宙教育分科会は、宇宙を題材とした教材及び活動の充実・普及と宇宙教育機会の提供を目指し、2001年に設立されました。現在、以下の目的のための活動を行っています。

青少年教育の質的向上に寄与する宇宙を題材とした教材の効果的な活用
宇宙科学技術・応用分野における青少年対象の教育機会提供
青少年対象の宇宙教育活動に関する国際人材交流事業を通じたアジア太平洋地域における相互理解の増進

詳細を見る

TOP