Menu

分科会

ワークショップ

宇宙教育for All分科会Space Education for All Working Group(SE4AWG)

目的

宇宙教育for All分科会 (SE4A WG)は、以下を目指しています。

i)
宇宙教育資料の効果的な使用によるSTEAM教育の強化
ii)
すべての人への宇宙教育機会の提供
iii)
経験、知識、情報の交換を通じたアジア・太平洋地域における相互理解の増進

宇宙教育for All分科会 (SE4A WG)は、当初2001年に宇宙教育普及分科会として設立され、2014年に「宇宙教育分科会」に改名されました。分科会は、全ての人に、宇宙教育活動や宇宙教育機会の提供方法に関する議論、情報交換を行う場を提供しています。
活動範囲は学校教育、社会教育を問わず、幼児教育、中等教育、高等教育、成人教育まで多岐にわたります。

旧宇宙教育分科会メンバー

宇宙教育分科会セミナー

水ロケット大会

ポスターコンテスト

活動

  • 水ロケット大会(Water Rocket Event, WRE)
    2005 年に北九州で開始されて以来、毎年APRSAF 年次会合開催国で水ロケット大会を開催し、15カ国以上から約60人(12歳~16歳)の生徒およびその指導者が参加しています。参加生徒は工夫しながら目標地点への飛行を目指すとともに同世代の子供たちとの交流を通じて、異文化理解と同時に自らの文化に対するより深い理解を目指します。
    (2021年度開催予定大会(オンライン開催)のみ、12歳~17歳まで応募可能とさせていただきます。)
  • ポスターコンテスト
    2006 年から、アジア太平洋地域の8歳から11歳の子供を対象として開催されています。毎回設定されるテーマに沿って、子供たちの宇宙への夢が描かれます。国内選考を経て選ばれた出展作品はAPRSAF年次会合で展示され、会合参加者の投票によって受賞作品が決定します。
    *2021年はon-line開催となります
  • 宇宙教育教員セミナー/指導者向けワークショップ
    SE4AWG に参加する国・機関のそれぞれの教育目標、教材や成果の共有を進め、イノベーションを生み出す次世代人材育成の指導者としての質の向上を図る目的で行われる教員および指導者向けの活動です。
  • カンサット(ジュース缶サイズの模擬人工衛星)
    高校生および大学生を主な対象として、カンサットを活用した教育活動をしています。
  • CubeSat
    セミナー・トレーニングや打ち上げの機会に関する情報を発信することで、学生と指導者によるCubeSatプロジェクトを支援しています。
  • ソーシャルメディアの教育利用
    2012年12月より本分科会のフェイスブックページを立ち上げ、情報交換の場として利用しています。
TOP